1匹とお婆とお星さま。

2016年9月 あおは虹の橋を渡りました。

今は1匹とお婆の徒然日記です。

探す

結局週末は泣きながら過ごしたお婆・・・

何にもやりたくないし食べたくもないお婆・・・


何より・・・寝られなかった。


何度も起きてあおの呼吸を確認。「生きてる」これの繰り返し。


お婆仕事をしているので月曜日は嫌でも出勤。

(頭がガンガンする。完全に寝不足)

パソコンの前で ボォーっとしてたお婆。そんなお婆の目に留まったのが

         「Yahoo!!」

そうやん!!世の中には便利なもんがあるやんか!!

早速指が動く。仕事の何倍もの速さで動く指。


         「犬 血管肉腫 治療」 検索ポチっ

   

期待に胸膨らませるお婆。まるで若い時に彼氏に会うようにドキドキ・・

そのドキドキは秒殺で終わることになった。

Yahooの出した検索結果に愕然・・・そして悪魔が囁いた。


         「ようこそどん底の世界へ」


「血管肉腫 予後悪い」「血管肉腫と闘った○○ちゃん」「天使になった○○」

最悪の見出しばかり。ポジティブに言うなら愛犬のために戦った飼い主さんがスゴイ。


血管肉腫・・マジで腹立つゎ 憎たらしいガン・・

そんな事を思いながら見ているとまたしても目に留まる見出し・・


         「セカンドオピニオン」 


ん?人間の?違う!犬のセカンドオピニオンやんかっ!!

それは「P動物病院」のHPでした。

場所どこかいな? フムフム・・お婆の家から約2時間(高速に乗って)


  行ける? 行ける・・よね? 一人で行けるかいな?・・

      行くしかないでしょ!!


頭の中とは違い、指はセカンドオピニオンのフォームから送信ボタンを押すまで

わずか1分。(仕事の時とは桁違いの速さである)


ここまで何ら仕事をしていないお婆。仕事をしてるふりだけのお婆。

ソワソワしながらP動物病院からの電話を待つお婆。


待つ 待つ 待つ 待つ 待つ 待つ  待てない!!


普段は待っていられるはずのお婆。でも今日だけは待てない。

HPにも「お急ぎの方はお電話でも受け付けております」って書いてあるんだもん。

指は携帯を持ち番号を入れ、体はトイレに移動。

「これこれ、かくかくしかじか何ですがセカンドオピニオンお願いできますか」

一通りの説明をするお婆。

「お昼からの診察に来られますか?予約ではないので時間がかかると思いますが

大丈夫ですか?」お婆のただ返事は1つ。


            「伺います。」


社長にお昼からお休みをいただいて、ダッシュで帰宅。

(なんて勝手な社員なんだ。なんて言って休みをいただいたんだ!!)


ナビをセットして いざ!!P動物病院へ!!



             と思ったら・・・


置いて行かれることを察知したコハクがギャン鳴き。それはそれは凄いんです。

まるで虐待を受けているかのように鳴くんです。

(コハクにしてみれば虐待なのかもしれん・・・)

そして延々と遠吠え・・・(;´Д`)

(近所の人もびっくりで何かあったのかと携帯に電話かけてくる程)

普段のお留守番はノーリードで玄関の中のたたきにいるのですが・・置いてけぼりの時は

リードと柵につながないと家の中がとんでもない事になってしまいます。( ;∀;)


つないでいても・・・やる時は・・やってくれますが・・・柵ごと移動するか首輪抜けをやって見せるツワモノこはく。


とりあえず P動物病院へ向かったのでした。


また長くなりました。読んでいただきましてありがとうございます。

あおちん頑張ってます。

お婆でした。

あおちん「どこにドライブですか?」

こはく 「置いて行かれる予感がする」





追伸


ブログで見つけたスコティッシュテリアのチャーリー君。

天使になったと知りました。あんなに頑張っていたのに。

もう辛くないね。たくさんの治療をしてもらえてよかったね。

涙が溢れてきてそのブログにコメントが出来ません。


お疲れ様でした。あんなさん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。