1匹とお婆とお星さま。

2016年9月 あおは虹の橋を渡りました。

今は1匹とお婆の徒然日記です。

鳴く

あおが逝ってから20日が過ぎようとしています。


お婆は気が付くとあおの姿を探しています。


あ婆は泣きたいんですが・・・泣けません。


悲しいのに泣けないのはあの時以来です。


あの時・・・大好きな祖母が亡くなった時。



お婆の事よりももっと心配なことが発生しています。


こはくです。


あおがいなくなってからずっとお留守番が出来ません。
出来ないどころか、お婆が仕事に出てから帰ってくるまでずっと


鳴いてます。


鳴きすぎてお婆が帰って来た時には声が枯れてます。近所の方が
LINEしてきます「こはくが鳴きよるけど大丈夫ね」と。


モニターで見てもはじめのうちはつないでなかったので柵を倒し
家じゅうを走り回りながらあおちんを探しているようでした。
1階を探しては2階に上がりまた降りてくる。


最近はつないだので走り回ることは出来ないのですが、鳴いてます。


あおちんの好きだった下駄箱の下を見ながら鳴いてます。
横になることも増えてきたのですが、必ず下駄箱の下に顔が向いてます。


切なくなるお婆です。


もう1匹・・・と思うのですが・・・まだ無理のようです。お婆が。


こはく・・・後を追ったりしないでね。
君はまだまだ11歳だから。言い聞かせは・・・わかってるかな?


お婆の足の上に顎載せるこはくです・・・以外に重たい。



いつも読んでいただいてありがとうございます。
こはく頑張ってます。
あおちんはお空で遊んでるかな・・・


お婆。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。