1匹とお婆とお星さま。

2016年9月 あおは虹の橋を渡りました。

今は1匹とお婆の徒然日記です。

こはく

いつもあおちんの事ばかりで、暗いからたまにはこはくの事を・・・


こはくはブリーダーさんの都合で生後3か月になると直ぐに
我が家へやって来ました。事前に見に行った時に中がとても気に入って
「中はこれがいい!中がちゃんと散歩に行くよお世話もするから」と
ありきたりな子供の説明&懇願をした中・・・(のちにそんな事は無かったも同然になる)そして・・・早々と名前を付ける中。


それが「こはく」


確か漫画の「幽幽白書」を見ていて出てくる人物の名前だったような・・。


こはくの胸の所に白い毛があるんです。まるでヒグマのように。中はそこがとても
気に入ったのです。(お分かりのように中はとても単純です)


我が家にやって来た中はもちろんあおちんにご挨拶・・・に行きましたら・・


「ガァウ~ガルゥ~・・WAN!!」と一喝され
「キャインキャインキャイン~」と鳴くこはく。


あおちんにしてみれば「なんじゃこりゃ!!なんじゃこの動く物体は!!」


だと推測されます。受け入れてもらえたのはいつだったかなぁ~・・・


そんなこんなで今ではずっと一緒。あおちんが動けば目で追い。視界から消えると
探しに行き。置いて行かれるとギャン鳴き。本当に寂しがりや。


こはくがあおちんに教えたこと。それは・・・脱走(;一_一)


庭の隙間からいつの間にか2匹で脱走し、気づけばいない。
探しに行こうとすれば、お隣のきれいな芝生の上でくつろいでいる事多々。
掃除をと思い窓を開けると塀の向こうの公園にいる2匹と目が合い固まるお婆多々。
しかも「ヤバいっ!!」て思うのか必ず目をそらす。
昼間ピンポンが鳴り大が出ると見知らぬおばさん。セールスかと思いきや・・
「お宅のワンちゃんだと思うんですが・・2匹で楽しそうに裏の公園に居ましたよ」
    \(◎o◎)/! オーマイガァッ!!
もちろん直ぐに回収・・・この時はどこから出たかわからず・・・


夜、網戸を鼻で開け出ていき雨降る中、車で探し回り警察にも届け、暗いから引かれるかもと泣きながら帰る途中の道で光物体。猫かな?タヌキかな?と近づくと・・・
ビショビショの2匹ご満悦顔・・・さすがに車に乗せることは出来ず大&中を呼ぶ。
もちろんお風呂場へ直行。


2階へ自由に上がり降りが出来るこはく。
帰るといないので探し回りもしかしてまた脱走か?と思いながら探しに行く準備をしていると「くうぅ~ん」と鳴く声・・・「あ”・・・もしかして・・・」と2階に行くと
自分で部屋に入って自分で戸を閉めて鳴いている・・・(一一")アホだろ・・


こはくは芸が出来ます。
「ばぁ~ん」です。(笑)おやつを上げるときにお爺が仕込んだのですが・・
これがなかなか笑える。欲しくて欲しくてたまらないこはくは、いつも「フライング」でお爺に「早かろうがっっっっ!!」と教育的指導が入る。
最近はお爺何を思ったのか「ゴルゴ30」を仕込んでいる。わかる方がいるのでしょうか?「ゴルゴ30」は遠くから狙って狙撃をするんですが・・・
「こはく!!まだぞ!!まだぞ!!まだやけんな!!」と言いながらおやつを見せながら下がり・・・「撃つ」がやりたいのです。
今の所おやつを見せた時点で撃たれるこはく・・・「バァ~ン!!」言われんでも撃たれる。  欲しいんだもんおやつが!!どれだけお爺に「早いっっ!!」と言われようが
  撃たれてやるこはく。だっておやつが欲しいんだもん!!


こはくの寝姿は最高です。
白目むいて寝ます。
寝言言います。


こはくはとても天然だと思います。犬にも天然があるのでしょうか?
書きだすとまだあるのですが多分文章では伝わらないかなぁ~。


いつも読んでいただいてありがとうございます。
こはくも頑張ってます。
お婆。

この写真可愛いから好きなんです。こはく上目遣いでしょ(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。