1匹とお婆とお星さま。

2016年9月 あおは虹の橋を渡りました。

今は1匹とお婆の徒然日記です。

食べたな・・・

診察を待つ間に応急処置のマナーベルト装着。
と言っても、おしっこシートをぐるっと巻いてガムテープで止めただけ。


診察の順番になり中に入るのを全身で拒否るこはく。
そんなところで拒否ってもお婆の力にはかなわず、あっさり引きずられて In 
診察台に乗せられ簡易マナーベルトを外すと・・・たらたらと赤いのが出てくる。


若先生
「あれあれ、真っ赤だねちょっと採って…みようか」


と垂れたおしっこを採取→遠心分離器に→その間原因を探る。


若先生
「色々考えられるんですが・・血管肉腫も疑ってお腹見てみましょうか」


         お婆の顔は引きつりまくり。


エコーの結果は異状なし。一安心。


「あとは食べ物だと、玉ねぎなんかを・・・」


           あっ!!!Σ( ̄□ ̄|||) 


玉ねぎの言葉にお婆は声を上げて反応してしまった。
今朝食卓テーブルに下げられてない大皿1枚・・・なぜかドーナツに野菜炒めが
残ってた。


          こはく・・・食べおったな・・・(--〆)


「玉ねぎに心当たりある?」
「ありすぎます・・・(;´∀`)」
「じゃあ原因はそれだと頭に入れて他の検査しながら確定しましょう」


で、採血。こはく肉付きがよろしくて若先生苦戦。大先生出てきて後ろ足をむんずと
掴みやっとこさ採血。


何度も顕微鏡をのぞいて確認。


最終結果・・こはくの真っ赤なおしっこの原因は・・・

      「玉ねぎ中毒」


大先生「原因が分かってよかったね~玉ねぎ中毒じゃ死なんからダイジョブ」
若先生「いや死んじゃう仔もいるんですって」
大先生「あらそう?」
若先生「本当ですって」


まるで漫才・・この二人本当に面白い。
基本のところはきっと同じ考え方なんだろうけど、大先生は楽天家?若先生は慎重派?
なかなか見てて飽きないやり取り(笑)


話しはこはくに戻して・・・


玉ねぎ中毒で今貧血状態である事。
悪くなると歯茎が白くなって死んでしまうこと。
2.3日が容態の変化が激しく山であること。


若先生の一言でお婆は一気に地獄へと落ちました。
「僕また死の宣告をしないといけないかと思いましたよ。」


            絶対 若先生後ろからヒキマス・・・




その言葉にお婆は
「先生から2回も余命宣告は嫌です!!」と叫んでました


猛省中のこはくです。


いつも読んでいただいてありがとうございます。
こはく快方に向かってます。
あおちんが見守ってくれてます


お婆。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。